加瀬 具蔵の日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 今夜の調子は・・・その331 千夜一夜、偶然の数学「確率」とパチンコ (2)

<<   作成日時 : 2009/08/16 11:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ではでは、「千夜一夜、偶然の数学「確率」とパチンコ」 について、その2、
っとぉ〜、
千夜一夜物語」について、原題の「Alf Laylah Wa Laylah」 の英語訳が
The Book of One Thousand and One Nights, Arabian Nights」で、
それを「千一夜物語」とか、そのままカタカナで「アラビアン・ナイト」と語られるようになった。
このアラビアのお話し、妻の浮気、不貞から、女性を信じられなくなり、
ひどく憎むようになった王様が、毎日、処女を妻に迎えては、
チョメチョメ・・・のあと、翌日に殺すようになった、という。
初物しか頂かない、いわば、チェリー・イーターな訳ですが、
なんとも、変質狂のようでもあり、怖いような、どこか羨ましいような、
いや、とんでもないお話であります。ハイッ。
それにしても、自ら進んで王妃に名乗り出た、シェヘラザーデという大臣の娘、
勇気があると言うか、向う見ずと言うか、
命がけで王様を面白い話だけで、
千一夜も毎夜、毎夜、朝まで話し続けた、というのですから、
大したものです。
旅の商人と鬼神のイフリートの話に始まり、アリババや、シンドバットの冒険
アラジンの魔法のランプのお話など、お話のヤマ場、いいところで、

このお話の続きはまた明日、と、

一日延ばし、一日のばし、して千一夜
つまり約2年と9カ月も、チョメチョメなしで、王の心がなごむまで、
お話し三昧だけで夜を過ごしたわけで、

お前は、漫談師か落語家かい!と、言いたくなりますな。 (^^ゞ

人を惹きつけてやまない、どこか、連続ドラマや、小説・漫画のストーリー性、
エンターティンメントの原点のような、お話で、

そういえば、パチンコにも通ずる、この続きは・・・次回、そして次回、もう1回、
と、千と1回転ハマり続けるような・・・(笑)
または、当り続ける、確変を引き続けているような状態?
(^▽^;)

そんなわけで、「Newton」の特集の、「偶然の数学 確率
ギャンブルから経済まで、偶然の中にある奥深い規則性、の
お話しですが、この、賭け、ギャンブルを、確率論から、

必勝法はあるか?」、「ツキは存在する?」、

そして、「データの平均」、「ばらけ具合」、「分散と標準偏差
など、予測不可能な出来事でも、確率論と統計を使って、
その傾向、特徴が見えてくる。

コイン投げを繰り返して、「表と裏」の割合データの実験、
サイコロ投げでの順列と組み合わせの公式、
かのイタリアの天文学者、ガリレオ・ガリレイ
サイコロの出目について、考察している。

いずれにしても、確率論的には、ある条件のもと
つまり、「長期的」にみると、本来の確率に「近づいて」
落ち着いた結果になる、というもの。

その「長期的条件が実は課題で、
パチンコなど、「短期的」で、
勝ち負けは、確率論に影響されないことが、
いわば、報酬の「期待値=expectation」となる。
毎日、毎日、同じホールの同じ台に向かって、
同じ時間、打ち続けている訳ではないのだ。
(^^ゞ
だから、必勝法は「勝ち逃げヤメ時」であり、
ばらけ具合ツキの偏り」が勝ち方向のとき、
その「ツキの波」を経験的に読むカンを働かす
直観を大切にする」ことが勝負強い、ということになる。
そして、8勝7敗 以上の精神で、よしとする。

いやぁ〜、ギャンブルって、奥深いものなんですねぇ〜♪
(^▽^;)
で、ご無沙汰の8月パチ結果ですがぁ〜
打ったのは、エヴァ、倖田来未、月影、など
画像

画像

8/2  20,445発
画像

8/7  15,557発
画像

8/7  14,973発
画像

8/11 17,174発
画像

などなど・・・
そんなわけでぇ〜 (^^ゞ
実戦は好調の波、夏休みの暴走モード !!
加瀬の、パチンコ勝負は まだまだ続くぅ〜!
ではでは、みなさん またぁ今度ぉ〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです♪
最近は月壱の更新なんですねww

記事の中で紹介されていた『[Newton」8月号]、「偶然の数学 確率」』に興味をもったのですが あたしが読んでもわかるかな〜・・・

「シェヘラザーデの数」(←これってホントに舌噛みそうですねww)面白いですね
好きな数を3つ思い浮かべて・・・っていうのやってみましたよ
あら不思議!!! ホントに好きな数字が出てきました!!!

(「博士の愛した数式」をちょっと思い出してました)


> その「長期的」条件が実は課題で、
> パチンコなど、「短期的」で、
> 勝ち負けは、確率論に影響されないことが、
> いわば、報酬の「期待値=expectation」となる。
> 毎日、毎日、同じホールの同じ台に向かって、
> 同じ時間、打ち続けている訳ではないのだ。
> (^^ゞ
> だから、必勝法は「勝ち逃げ=ヤメ時」であり、
> 「ばらけ具合=ツキの偏り」が勝ち方向のとき、
> その「ツキの波」を経験的に読む「カンを働かす」
> 「直観を大切にする」ことが勝負強い、ということになる。
> そして、8勝7敗 以上の精神で、よしとする。

このあたりなるほど〜と思って読んでました!!
加瀬理論は「カン」とか「直感」も大事にしてるので大好きです♪
ナナコ
2009/08/23 10:19
お久しぶりです、ナナコさん、
いやぁ〜、このごろホント、
月一更新、です、はいっ。

思い出された「博士の愛した数式」と言うのは、仰る通り「数学」の興味深い点で共通ですね〜 (^^ゞ
いやいや、ギャンブルを馬鹿にするなかれ、
元々馬鹿馬鹿しい事も、昔からの人の行いを
「まじめに考えた」人が哲学者、理論家であり、
数学的なことをまじめに考えて、
統計だててまとめたり、ある数字の特殊な特性を発見をしたりした人が、
たまたま偉大な「数学者」だったり、と。
その研究対象になった、このギャンブルって、
すごく人間臭い行いで、興味深いですね〜(笑)
あ、[Newton」8月号、図書館にでも行って、ぱらぱらと読んでみたらどうですか、くだけた記事ですよ。 (^^ゞ

そうそう、「直感」は大事だと、
あの「博士の愛した数式」でも、
偉い数学者の博士が仰ってましたねぇ〜♪
そのままの人間感覚が実は正しいのですね、
聞きかじりや知りかじりの「にわか理屈」
に左右されずに、フツーに体験的に感じたことの方が、正しい事だったり、そんなの世の中いっぱいありますからねぇ〜。
(笑)
頑張りましょう!
加瀬
2009/08/30 14:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
今夜の調子は・・・その331 千夜一夜、偶然の数学「確率」とパチンコ (2) 加瀬 具蔵の日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる