加瀬 具蔵の日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 今夜の調子は・・・その276 録画して観た 映画とパチンコ

<<   作成日時 : 2007/10/12 23:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ここ 最近、映画の話題作が、けっこう TVで 放映されるので、
録画しては観ている、が、以前にも書いたように、
木曜時代劇なども撮ってあるので、
観る作品がたっぷりあり過ぎて
このところ 少々 寝不足気味だ〜・・・ (;´∀`)
まぁ、9月、10月、と3連休が続いたしぃ〜、
9月にはパチンコ遊びが過ぎて、
またぞろ、手首もなんとなく ピキピキ痛んだりするので

このところ打ち過ぎには 用心している。
10月のこの頃、パチ稼動の方は少々サボり気味・・・!?
そんなわけで、先週、今週と、かなりの溜め撮りを一気に観た!

その中には、つい最近放映されたばかりの、昨年の話題作、
フラガール
もある。

最近のTVで見かける ビ○フェ○ミンS の CMや、
プリンターのキャ○ンなどのポスターにも出ている、
蒼井優、主演
フラダンスの先生役が、松雪泰子
その他、岸部一徳豊川悦司、それに・・・、
あの 元・緋牡丹お竜藤純子さんで有名になった、富司純子
などなど・・・なかなかのキャスティング


この映画、実話に基づいているらしいのだが・・・、

はて !?

何故、寒い、殺風景な炭鉱の町の
福島のいわき市に、突然フラダンスなのか !?
そして・・・
なぜ、この作品が、日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作、なのか !?
と、
加瀬は奇異に思った・・・、
もっとも、世界のアカデミー賞では日本のこの映画は
1次選考で落選、だったらしいが・・・


確かに、フラダンスにチャレンジして行く若い女性達、
それを取り巻く人々の、人間ドラマ、
それはそれなりにすばらしいのだが・・・、

寂れ行く炭鉱町の 町おこしの話として、
なぜ、ハワイのフラダンスなのか !?


そのミスマッチが、例え、実話であっても、
いや、むしろ実話に基づくがゆえに、映画作品として、
加瀬には、しっくり来なかった・・・

(――;)

ま、人の意見は色々あるので、なんとも言えないが・・・、
踊りなど まったくの トーシロー が、ど根性頑張りで、
フラダンスを習得して舞台に立つようになっていく・・・


どこか スポ根もの (!?) にも似た、イメージで、
そのテーマが、
フラダンス
に置き換わっていただけなのじゃないのかなぁ〜、
というような・・・、

ただ、人前で肌を見せるなんて、という古風な日本人の女性観を破壊した
当時の女性の意識改革の先駆者的な役割 (!?)
思えば大変なときによくやったなぁ〜と、それなりに理解もしますが・・・
それが、描きたかった んじゃないんでしょうしぃ〜・・・
ひょっとして、ダンサーという、プロになるという事は、親の死に目にも会えない
芸能人のプロ根性
(!?) とかぁ〜・・・、
お客からお金を取って見せるショーに出るダンサーのプロ根性
みたいなものが描きたかったんでもないんでしょうしぃ〜・・・?

少なくとも、加瀬的には、
ピタッと 来ない、どこか中途半端な、どぉ〜なんでしょう〜・・・!?
そんな印象だったんですがぁ〜、

と 勝手なことを 申し上げて、なんとも、
すみませんです m(_ _)m

そんなわけで、チョイとパチ遊びに疲れて、
手首を休ませて、ひとやすみ・・・、
録画して観た映画のお話しでした。タハッ ! (^^ゞ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 加瀬さん、こんばんは。

 ここ数年の日本映画の傾向として 『実話』 を元にした作品が多い様です(ウォーター・ボーイズやスウィング・ガールズなど)。それが良いか悪いかはわかりませんが、あまりにもオリジナリティが無いと、映画としては面白みに欠けるかも知れませんね・・・。

 日本映画は金を掛けられないと言う厳しい現実がありますからね。『ハリウッド並みに掛けられれば良いのに』、そう言う作品が多々あると思うのは俺だけでしょうか??
秀(ひで)
2007/10/13 23:01
秀さん
こんばんは、こちらにカキコありがとうざいます。
「実話」を映像化するのは実は本当に難しいのですよね〜!
題材の事実と脚色のバランスが難しいのは加瀬もよく解っていますし、
ドキュメンタリーと違って、色々と関係者や現実に配慮を必要としながら、作品として成立しなければならない・・・
何かの事件などを、推理サスペンス仕立てにしたりするのは解りますが、
「フラガール」など、これは、どお〜なんでしょうねぇ〜!?

また、制作費の制限があったりして、日本では、いいエンタテーメント作品が出来にくい環境、それも寂しいですね〜(ーー゛)
ただ、現代劇にせよ、時代劇にせよ、お金を掛けていなくても、いい作品は結構あるので、お金だけでもなさそうですが・・・、
大スペクタクル映画、のような、相当の人や資材を動員しなければならない大規模の作品は、やっぱお金がなくてはダメでしょうから、テーマにもよるんでしょうね〜

加瀬
2007/10/14 19:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
今夜の調子は・・・その276 録画して観た 映画とパチンコ 加瀬 具蔵の日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる