加瀬 具蔵の日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 今夜の調子は・・・その180 パチンコを成り立たせているのは馴れ合いと勘違いだ

<<   作成日時 : 2006/10/29 19:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

競馬を成り立たせているのは意見の違いだ
というアメリカの作家、マーク・トゥェインの言葉をパチンコになぞらえて言うなら、
パチンコを成り立たせているのは馴れ合いと勘違いだ
と言ったところか・・・

一応、パチンコの機種情報としては簡単なスペック基本仕様・性能)がメーカーから公表されてはいる。
が、「スペック」などと言うにはお粗末過ぎる、台の基本性能、基礎標準値(確率 1/317 など)のみ
およそ電子機器のデーター、スペックなどとは呼べない荒っぽい確率だけが載っていて、とても「情報公開」されているとは言えない。
もっとも「銭・金を賭けるゲーム機器」という観点からすれば、内部の電子的な部分や使用されている部品のスペック(仕様書)までは明かせない、ブラックボックス的な部分があるのは止むを得ないと言えばそれまで。

初めてそういう場所を訪れた時の「初心」にかえってみるといい。
競馬やカジノなど、およそギャンブル場には受付・案内所に「遊び方」のパンフレットや説明係などがあって、ゲーム内容や施設・設備の「説明」が一応なされるものだが、パチンコにはそういうモノは全くない
昔ながら説明責任」をほったらかしの、いまだに「怪しい遊技場」のまま。
それとなく解ったような、打ち手の勝手な解釈・勘違いなどと馴れ合いで成り立っている

当りのメカニズムにしたって、“一応”公平そうな抽選システムになっているらしい、と言われているが、どこにも明解な情報として“公表”されているわけではない

開発者側は知っているのだろうけれど、パチ雑誌やパチサイトに、玉が電チュウに入ると「大当たり判定用の乱数を拾っていて、確率抽選方式」などと、それらしく解説されてもいるが、お上やメーカーが正式に発表しているものでもない

講釈師 見て来たような嘘を言いという川柳があるが、見てもしない抽選のメカニズムを、それらしく語られていても、
実際に、

その目で、見たことあるんかい!?

と訊かれて、当るところの抽選メカニズムを見たと胸を張って答えられる人など誰もいない
電子的にプログラムされた抽選そのものを実際に見ることは不可能

一方で、こういうモノ(電子機器)には必ず認定用の「検査」なり、台の「製品検査」なり、テスト用など、「ある条件下」で「必ず当る」ことを示さなければイケナイ必要性から、手っ取り早く「当る方法」がある筈だ、と思う人がいてもおかしくはない。

こういうところから、初期化してから打ち出せば当りやすいとか、ある条件を満たせば○○回転以内に当るとか、いわゆる「攻略法」みたいなのが出てくるわけでもある。

また、ある傾向から、当りの傾向をよんだり、色々な考えも出てくる。
一般的によく「オカルト」と称されているモノの中には意外とバカにできないのがあったりもする。
多くの金と時間を注ぎ込んだ経験に基づいたりしている、
あ、それ俺も同じ経験した
そうそう、あたしもそうだった
などの共通・共感の現象などの場合がそれ。

また理屈に合わない現象は、総て「バグ」で片付けられている、不思議な業界でもある。
なかにはソフトのバグか、ハード(電子部品・半導体)の不良・不具合か、解らないとき、
液晶のバグじゃないか
などと他のセイにするトンチンカンなゴマカシの説明がされていたりと、笑わせるとんでもない噴飯モノも少なくない。

だが、実際はそんなことはどうでも良くて、多くの人がなんとなく遊んだり熱くなったりで、パチンコの当たりをひいて、勝った・負けたのゲーム性を楽しんでいる。

で、大人の遊び道具、パチンコを成り立たせているのは、馴れ合いと勘違いなんだろう、とつまらない事で、おしまい。

そこが楽しさだったりして・・・、
たかがパチンコ、されどパチンコ、なんですねぇ〜。

楽しくもない、理屈っぽいお話になってしまい・・・
失礼しましたぁ・・・ (;´∀`) !!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ついに出たっ!!!
マーク・トゥェインの日本版 
「加瀬具蔵的ココロ」☆彡 ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪

そうそうオカルトと称されるモノ
意外とバカにできないですよね〜
オカルトをカタカナ辞典で調べたら「神秘的な」「超自然的な」「魔術的な」「超能力」とか書いてありましたが
実は神秘的でもなんでもないんじゃないかって・・・
エヴァ風に言うなら「オカルトは用意されていたのよ、確かにね」みたいな感じ・・・?(笑)
なんてったって経験に基づくものはお金がかかってますからねぇ(笑)

ナナコはパチ屋に海がある限り 勘違いでもなんでもいいから楽しませていただきます(笑)
ナナコ
2006/10/29 22:52
大学の前にパチ屋があって、そこで
いっぱい勝っちゃった人が、ボコボコに
されて、割れたビール瓶を片目に刺されて
倒れてた、なんて話を聞いてたので、
『パチンコ=犯罪の匂い』
みたいに、ずーっと思ってたけど・・・

おかしいな"o(-_-;*) ウゥム…
いつの間に私にとって『夢の国』になっち
まったのか?ふっしぎ〜(笑)
ぬう子
2006/10/29 23:23
ナナコさん、
ども(^^ゞ
「ナナコはパチ屋に海がある限り、勘違いでもなんでもいいから楽しませていただきます」
ってのは、イサギヨイ覚悟だね、なかなか言えないよ、そういう風には!(笑)
寅さん風に言うなら・・・
ナナコお姐さん、
たいしたもんだよ蛙のションベン、見上げたもんだよ屋根屋のふんどしって、ねぇ!
どう!七つ、長野の善光寺、信州信濃の新そばよりも、あたしゃあなたの傍が良い、あなたは海でわしゃひばりさん、共に確変当るまでってやつ、どう!
さあ、はいはい、ゼブラリーチだよ・・・(^^ゞ
ま、楽しみましょう!
加瀬
2006/10/30 19:01
ぬう子さん、
ぬう子さんがかつてその昔々通っていた「大学」その周辺、「大学の前にパチ屋」があるとは、なんとまた物騒なところだったんでしょう?
そんな環境に鍛えられて、しゃんと背筋を伸ばされたぬう子さんのうら若き日々をイメージ致しまして、・・・あ、そう言えば、セーラー服と機関銃みたいに、校門前にぬう子さんを「組長」なんてお迎えが来たりしていませんでしたか?
『夢の国』って、あはは(笑)
加瀬
2006/10/30 19:09
パチンコ屋=トイレを貸してもらえる場所

旦那は卒業の追いコンのお金は
パチで稼ぎました。
4日間 勝ちまくり・・23万 
後輩を飲み食いに連れて行き・・・1晩使い切りました
きっと。。。その時のパチで勝つ運は使い切ったと思います。
野沢菜っ葉。
2006/10/30 23:20
オオッ〜!
菜っ葉りん!
元気してたぁ?
で、旦那は何をやってるんですかぁ〜?
運を使い切り?
って、それは危険ですなぁ〜・・・
余りにも危険な・・・
菜っ葉りん、仕事、頑張っているかい?
加瀬
2006/10/31 00:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
今夜の調子は・・・その180 パチンコを成り立たせているのは馴れ合いと勘違いだ 加瀬 具蔵の日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる