加瀬 具蔵の日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 今夜の調子は・・・その146 想い出の場所「長崎」

<<   作成日時 : 2006/08/09 23:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

長崎は、かつて、大学入学直前の春休みを利用して、ふうてんの寅さんじゃないが、漠然と計画も立てずに、ふらりとひとり旅に出かけた事のある場所だ。
そこで、初めて訪れた「平和公園
初めてこの目で見た原爆の歴史的現実。
たった1個の原爆が長崎上空で炸裂した。
昭和20年、8月9日、11時2分、約7万人が、一瞬にして亡くなった

かつて、三輪明弘(旧・丸山明弘)が被爆体験者として、TVのドキュメンタリー番組で語っていた。
その当時、「水が欲しい・・・」と焼け爛れた人がやって来て、一口飲んで、目の前で死んで逝った、という情景を語っていたのを見て、聞いて、知って、驚かされた。
オランダ坂の方へ上る近くに、かつての丸山遊郭があったところがあり、旧家で格子戸のある三輪明弘さんの実家もその近くにあったという。
近くに「思案橋」があり、丸山へ遊びに行こうかどうか、ここが思案のしどころとばかり、迷うところから名付けられた橋だという。

今年も、小泉さんは一国の首相として参列していた。
8月6日の広島に続いて、参列。
一貫して、平和を、そして、戦没者の方々に敬意と感謝の思いを込めて哀悼の誠を捧げ、祈るという、
小泉純一郎首相の態度は、「ブレない」ねぇ〜。

平和の泉」にも、
のどが渇いてたまりませんでした・・・
と記されている。
式典でも、桶に水を入れて、5つ、供えられた。

8月9日、長崎に原爆が落とされた日、忘れてはならない日として、書いておく。

合掌 ( ̄人 ̄)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
長崎へは、中学の修学旅行で行きました。
平和公園で、他校の子から
「どこにメンチ切っとんねん!」
と、ケンカを売られた思い出(買っては
いません(^^ゞ)

世界平和を切に望みます。
(*^^)v LOVE&PEACE v(^^*)
ぬう子
2006/08/10 07:41
おはようございます!

人間というのは「欲」の塊。
「欲」がなければ、成長がない。
しかし、理性や思考(宗教)が違った方向にいくと・・・
人間が誕生してから争いごとは耐えない。
今なお戦争は続いています。
今の国々(国境)も、人間の欲から争いで勝ち得たもの。
なんだか切ない思いです・・・
理由はどうあれ人を殺すというのは許されないこと!!!
いつになれば気が付くのか・・・
おやじの戯言
2006/08/10 10:05
ぬう子さん、
おはようございます。
メンチ切りませんので、どつかんで下さい
(;- -)(;_ _)ペコリ
なかなかいいマークですね
(*^^)v LOVE&PEACE v(^^*)
止めろといわれても、これから、まだ核兵器を開発するのに熱心な、アホな、アブナイ国が近くにある、現実。
何とかならないかネェ〜(;- -)
加瀬
2006/08/10 11:09
おやじの戯言さん、
おはようございます。
ども、人は原始の時代より生き残りをかけて闘ってきましたが、現代の知恵ある知識ある時代にも取り残された国のレベルが低い人々もあったりでうまく調和が取れないものですね。
現在争いが起こっていたり、物議をかもすようなオカシナ国は、国が貧しいレベルだったり、教育も低かったりと、どこかおかしいものです。
困ったものです。
加瀬
2006/08/10 11:17
こんにちは!

事後報告なのですが、リンク貼らせて頂きました。
よろしいでしょうか?
おやじの戯言
2006/08/10 18:11
おやじの戯言さん、
わざわざリンク有難うございます。
了解致しました。
宜しくお願いします。(^^ゞ
加瀬
2006/08/10 18:21
 こんばんは。

 そうですね。核や戦争のの恐ろしさ、悲惨さを忘れてはいけません・・・。小泉首相の主義は良く解りませんが・・・。
秀(ひで)
2006/08/10 21:00
秀さん、
ども、(^^ゞ
ま、長崎はそんなわけで、ちょっと想い出としての場所ですね。
小泉さんは、変わり者と言われているけれど、何はともあれ「ブレない」のは、これまでの日本のこともすると恥ずかしいような首相にはなかったマシないい点だと思いますね。(^^ゞ
ま、好き嫌いはあるでしょうけれど(^^ゞ
加瀬
2006/08/11 00:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
今夜の調子は・・・その146 想い出の場所「長崎」 加瀬 具蔵の日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる