加瀬 具蔵の日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 今夜の調子は・・・その165 Do you know パチンコの打ち方?

<<   作成日時 : 2006/08/30 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

Do you know カリオロジー?
たしか、そんな、TVのコマーシャルがあったよなぁ〜、(^^ゞ
人によってそれぞれ、歯の対策は違う、とかいう・・・。
この「CARIOLOGY」というのは「状態の維持と管理」とか言われている。
虫歯が出来にくい環境、そして例え虫歯が出来始めても、注意すれば元の状態に戻れる環境作りをしよう、というようなコンセプトがカリオロジーらしい
初期の虫歯は、やり方次第で、再石灰が起こるので、あのガリガリ削る「修理方式」の痛い治療を受けなくてもいい場合があるということらしい。
加瀬はそういう医療関係は門外漢なので、ただの聞きかじりですが・・・(^^ゞ

そんなわけで、Do you know パチンコの打ち方?

打ち方などは、言われなくても解っているワイ!
何を今更 !?


と、多くの方が思われるかも知れないが・・・、
いくら掛かって行っても、負け続け、という方も、中にはいらっしゃるので・・・、(^^ゞ
ここで、パチンコの「イロハ」をおさらい
加瀬の、独り言、です・・・、
ということで、ご勘弁を願いたい。(^人^)

パチンコは「実戦」あるのみ、経験が総ての世界

馴れてくると、釘をヨムようになる

釘に関しては色々とあるが・・・、細かい事は・・・、

はっきり言って、どっちでもいい

とにかく、上から覗き込むように釘を見、自分がパチンコ玉になったつもりで、弾かれた玉がどの釘にあたり、どのように落下していくか、シュミレーションしてみるのが解りやすい
打ってみて、その弾き方を観察すれば、釘の良し悪しはサルにも解る。小学生の「理科」のレベルの話し。難しく考える必要はない。

で、打ち方は、ハンドルの狙いを「ぶっこみ」といわれている、天釘の左端と山釘の隙間に、照準を合わせてストロ−クするのが基本

パチンコの基本は

1、釘を見て、入りそうな台を選ぶ
2、ハンドルを照準に合わせて固定、ストロークする

これだけ。

だが、基礎だけでは勝てない

実は、実戦で一番大事なのは、どれくらい廻ればいいのか、その廻り具合

500円で10回転、千円で20回転以上、それ以上廻る台を必死に探す
それ以下の台では、打ち続けてはイケナイ

ボーダー数を考えて、交換率が等価だと19回転とか、3.3円なら20回転とか書いてあるが、
それは、朝イチからホール閉店の時間まで、終日、1つの台を打ち続ける人の話し。

交換率に拘らず、結果として「出る台」は、等価交換のホールであろうが、3.3円交換のホールであろうが、最低、千円で20回転以上廻っていなければ当る台も、当らないものだ。
台の調子もあるので、ただ、廻れば当る、と言うものでもないが、
廻らなければ、より当らないのも事実だ。
廻りが悪い台でも当る場合があるが、たまたま当って、いくら出玉があっても、その持ち玉を打ち込んで、また一から当てるまで、廻りが悪ければ、ロスばかり、という事になる


したがって、パチンコの打ち方は、
シンプル イズ ベスト!
できるだけシンプルに考えたい・・・、

1、電チューのヘソ釘を見て、ホール内の台の比較で、より開いている台を選ぶ
2、千円で20回転以上廻るかどうかで、台を決定する
3、それ以上、廻らなければ、台を見捨てて、台移動
4、20回転以上廻る台がなければ、そのホールを見捨てる
5、機種によって、ある調子、リズムが解れば、マッチ・ベター、勝ったも同然


そして、パチンコに行く時、どれくらい使うの?
という、素朴な疑問・・・。
投資金額は、サイフのなかみの事情によって決める。

例えば、予算として、2万円までとか、
20回転以上の廻りを確認した後、決めた1台には、
打つ前に、決めておくことが大事。
少なくとも、打ち始めて、400回転までに当りを引きたい、ものだ。

が、当らなければ、その日は、パチンコを諦める。
これが、なかなか難しい・・・(笑)
そういうこの加瀬も、ときどき、ムチャをする場合が・・・
ある! ものでぇ・・・(^^ゞ
新台を打ちに、朝イチから打つときなど、特別な場合に、タマに、ムチャをします・・・予算倍額とか・・・(^^ゞ

いやぁ〜、ムチャをしては、イカン、イカン!

イケマセンよぉ〜☆
出来れば、1日、1万円作戦、これで勝つにこした事はない。
加瀬の場合は、
1万円作戦2万5千円作戦との併用
その日、行くホール、打つ機種、によって、作戦を使い分ける。

1勝1敗ペースでも、8勝7敗で区切りをつけていけば、
必ずプラスになる・・・。
負けても、元の状態に戻すような環境づくり、
いつでも「復活」する考え方、
パチンコカリオロジー・・・(^^ゞ


ううぅぅ〜んっとぉ〜・・・(;- -)
ちょっと、無理があったかも・・・〜
(^^ゞ
失礼しました・・・ m(_ _)m

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
>いくら掛かって行っても、負け続け、という方も、
 中にはいらっしゃるので・・・、(^^ゞ

ヾ(´▽`*)ゝあーい♪中にいらっしゃる私です〜。
今回は、今までレクチャーされてきた「ボーダー理論」
や「玉になれ論」などの総括ですね!先生!
ケータイで画面メモ登録する知恵もついたので、
プリントアウツした紙をホールで落としてしまう
という心配はご無用!(笑)

ナナコさんへ
 00:00にアップされてますぜ(-_☆)
ぬう子
2006/08/30 07:39
こんにちは(^o^)

加瀬先生、勉強になりますよ!
やはり千円で20回以上は基本ですよね〜。
で、自分が400回転以上回しても当たらない場合は撤退!
予算は2万円也。
しかし、新台は面白くて、ついつい
予算オーバーしてしまいます・・・
最近はこの傾向が強くて・・・
初心に帰り、肝に銘じて、近々がんばってきます!
おやじの戯言
2006/08/30 16:27
 こんばんは。

 釘読みは未だに解っていません・・・。ヘソの開き具合だけは何とか解かる様にはなりましたが、他はからっきしです・・・。パッと見ではまだまだです。

 やはり目安は1,000円で20回転レベルですよね・・・。それには全く同意いたします。
秀(ひで)
2006/08/30 21:15
ぬう子さん、
毎度ぉ〜どうも、いやね、負け続けが、何もぬう子さんだと言ってる訳じゃないんですよ、(^^ゞ
ぜひ、20回転以下の台なんかで、無理打ちしたりして、お金をロスしないように、勝って頂戴!
ガンガン、パチ台に玉を吐き出させ、ひぃ〜ひぃ〜と言わせてやって下さい((笑))
加瀬
2006/08/30 23:56
おやじの戯言さん、
ども、基本って言うか、常に初心に帰るって言うか、見直し、おさらいはいつでも必要だと思いますね、(^^ゞ
ま、それなりに読んで下さって、恐れ入ります。
打つ以上は、トータルで、勝ちましょう!(笑)
加瀬
2006/08/31 00:00
秀さん、
ども、釘は毎回見るクセをつけるだけで、随分とロスを少なく出来るようになると思います。
コンマ○○ミリの調整の世界は、プロに任せて、見た目で、締められているかどうかは馴れです。
ステージへの飛び込み口は、最近特に重要になって来ているので、飛び込み口の釘が開いているかとヘソの釘、この最低2ヶ所見ていれば、だいたいOKだと思います。
ぜひ、マイホール2軒くらいで、そういう傾向を見切って、立ち回りをうまくして、勝って下さい!
ども、(^^ゞ
加瀬
2006/08/31 00:05
「加瀬博士の必勝パチンコ講座」
今後も ぜひシリーズでお願いします

ヘソが「ガバッ!!」と開いてるのに回らないのは
寄りだか道だかよくわかんないんですけど
あちこち悪いんですよね〜
う〜ん・・・クギはいまだによくわかりません
サル以下ですな・・・(((爆)))

ぬう子さん!! 
むふふっ 00:00ですね〜
ゾロ目発見!! 
あっ もうひとつ 00:00発見!!
いいことあるかしら〜(笑)
ナナコ
2006/08/31 22:24
ナナコさん、
そんなぁ〜、ナナコさんには「パチンコ講座」はそんなに必要ないように思ったんですが、それなりにご理解戴き、恐縮です(^^ゞ
では、基礎編の次は、それじゃ、応用編を、やりますかねぇ〜((笑))
ヘソが、「ガバッ!!」と開いてるのは、夏によくある女性のTシャツルック・ファッションでぇ〜しゃがむとGパンから、パンツ丸見えルックとかもありますが〜(^^ゞ
ま、開いていれば玉がよく通り、締まっていれば玉が通らない、それだけなんですが(^^ゞ
あ、釘の上下関係ですが、釘が下向きゃ玉が滑って落ち、釘が上に向いてりゃ玉にブレーキ掛かって、跳ねて電チュウに入りやすい、そういう点ですかね。
道だの寄りだのは、左側の玉の通り道の事ですが、釘が右向き左向きで振り分けるだけなんですね、で、中央寄りに流れる方がいいわけで、ま、こんどやりましょう((笑))
コメントのタイム、00:00でしたね(^^ゞ
加瀬
2006/09/01 00:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
今夜の調子は・・・その165 Do you know パチンコの打ち方? 加瀬 具蔵の日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる