加瀬 具蔵の日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 今夜の調子は・・・その64 勝手にお薦めの本「フフフの歩」

<<   作成日時 : 2006/02/24 22:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

フフフの歩」と言うタイトルのがある。
米長邦雄永世棋聖門下生の先崎学将棋棋士8段、プロの将棋指しが書いた本だ。
(講談社文庫)
画像

(勝手におすすめで出版社とも著者とも何の関係もありません、念のため)
米長邦雄永世棋聖の書いたものも面白いのが多いが、この本は棋譜解説の類が殆どなくて、将棋を知らない人にも、肩の凝らない抱腹絶倒の交遊録など、面白いエッセイなので、ぜひ手にとって見て欲しい、と思っての紹介。
因みにかつて色恋沙汰でワイドショーを賑わせた元女流棋士のあの林葉さんも米長門下生。

余談だが、米長邦雄永世棋聖の話で有名なのは、兄弟は皆頭が悪かったから東大へ進学したけれど、米長邦雄ご本人は兄弟の中で「一番頭が良かったからプロの「棋士」になれた、というエピソード。ちょっと変なキャラの人と不思議な世界の人たちの人間模様。
素人の想像を絶する物凄い競争率の奨励会集団の中で勝ち抜いてきた人たちの世界が将棋のプロの世界
棋士は、本物の「プロの勝負師」で、勝つか負けるか厳しい勝負の世界に日々身を置く人たちだ。
前にも書いたが、
ただ勝つだけのゲームでは寂しい
というのは、史上最年少21歳で名人位を獲得した将棋界の谷川浩司の言葉で、気に入っている。
名人位」というその道の頂点を極めた人でなければ言えない言葉でもある。
ゲームに勝つか負けるか、それを生業とするトップの棋士がそう言う!
こういう勝負師の語る言葉には「キレ」があって味わい深いコク」がある。

今は趣味程度に新聞の将棋欄を読む程度だが、加瀬は小さい子供ときから将棋が好きだった。
20代前半の頃はアマチュア戦などにも顔を出した事があった。学生のときアマ2段の試験に通ったが免状を発行して貰うにはちょっとしたお金が掛かったし、別にそんな「紙切れ」は不要だと思い辞退した。自分で言うのも変だが、今はその当時の実力は既にない。(^^ゞ
あるとき、得意先の人の事務所に将棋道場に通うアマの強いのが来るらしいということで、初顔合わせだったが、加瀬も多少将棋を知っているという話になり、行きがかり上、
加瀬君、ちょっと揉んでもらえば、1局どう〜よ?
と言う羽目になって、仕事中に気が引けたが、周りの許しもあって、お遊びで指した事があった。
早指しだったが、こういう事は、まじめに指さなければ失礼にあたるので、礼儀正しく指して・・・、
結果、どういう訳か相手を負かしてしまった・・・。
もう1番!
となったが、よせばいいのに、また勝って2連チャン、じゃなく2連勝してしまった・・・。(;´∀`)
さすがに相手は慌てて、本気になって「もう一番!」となって、周りの人たちもハラハラし出し、
『おい、おい、相手はお客さんの知り合いだぞ・・・』という声が・・・していなくても、周りの目がそう語っている・・・
仕事をしに来たので、将棋をしに来たのじゃない・・・
3番目はキリがないので手を緩めて攻めずに指して、相手に花を持たせる格好で投了し、あっさり負けた・・・。
相手はこちらの指し手をみて、意を汲んだのか、こちらの2勝1敗で「もう一番」とは言わなかった。
駒の動きや指し手で、会話をしたらしい・・・
そのとき以来、その人と逢ったことはないが、チョット懐かしい思い出。

勝負事は、ちょっとでも気を抜いたら負ける。
常に気を抜いてはならない。そのスリリングさが気に入っているのだが・・・
また、ゲームのない人生というのか、、「芸無」では人生まったく面白くない
そういうスピリットはパチンコにも必要で、パチンコを打つときは遊びを楽しみながらも気を抜く事はイケナイ。
加瀬は、ときとして、による「チョンボ」はありますが〜・・・ (^_^;)ゞ

湿布薬貰ったけれど。
  
画像

手首の腱鞘炎、これってどれくらい掛かるんだろう・・・
机に手をつくと、ピピィッ〜っと電気が走る・・・
腕立て伏せは、まず無理・・・
と言う事は、出来ない・・・

( ̄□ ̄|||)ガーン
ひょっとして、このまま・・・ずっと出来ない?

(;〇o〇)ゝドキツ!!
それは、困る!
108つの煩悩枯れるには早すぎるぅ〜!
余りにも早過ぎて残酷物語だぁ〜!
だから、おとなしく養生します
・・・パチンコ打ちたいけれど・・・□\(_ _;)
失礼しましたっ!・・・m(_ _)m

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
将棋といえば、オーロラ輝子ですね。
将棋とか囲碁とか麻雀とか・・・
できる人の話を聞くと、面白そうで
どれか一つは身につけたいと常々思って
おりますが、なかなか機会もなく。
頭脳プレイにはとんと疎い私ですが、
あっちの方は、色んな方法を思いつい
てしまいました(;´∀`)
治癒後のプレイ(パチの、です)にも
気を揉むところですねえ。


ぬう子
2006/02/25 01:09
さすが、イメージ飛翔タイプのぬう子さん、加瀬とは「目のつけどころ」が違う・・・
Sharp の方ですかぁ〜(^^♪
ぜひこそっと教えて下さい。いや、いや、エヘン、
是非に、一手ご指南、ご指導対局を、伏してお願い申し上げます m(_ _)m!(笑)
ま、軽く見てたら意外と手こずりそうで、厄介です。
前回の右肘はほぼ一年掛かったし、ちとナーバスと楽観との、相田みつを、状態です。
機嫌直すように、手首なでなでしておきます。
では。
加瀬
2006/02/25 01:34
模様替えしましたね!
一瞬、バザ〜ルだったでしょ?(^^)
いつまで雪が降るんだろう、ってちょっと
心配してました(笑)
なんだか明るい未来に駆け出しそうです。
右肘、1年もかかったんですねー。それで
スロと決別し・・・今回はそんな事になら
ないよう、浅草寺で煙を浴びたらどうでせう?
とげ抜き地蔵の方が効くかしら?
あと、気功もいいそうですよ。
ぬう子
2006/02/26 00:05
ぬう子さん、アドバイス、有難うございます〜(泪)(T_T)
そ、そ、雪はもういいですよね(笑)模様替え、
(゚-゚)(。_。)(゚-゚)(。_。)バザール、スキーの板かついでいたから止めて、これに・・・実は、これも、マフラーしているんだけど(笑)、他に良さそうなのが無くてサ・・・消去法で比較的よさ気だったし、リリーフで(笑)
加瀬
2006/02/26 02:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今夜の調子は・・・その64 勝手にお薦めの本「フフフの歩」 加瀬 具蔵の日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる