加瀬 具蔵の日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 今夜の調子は・・・その46 相田みつを美術館

<<   作成日時 : 2006/02/01 02:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

相田みつを」の「」との出逢いは、実はトイレ用ひめくり「ひとり しずか」と題された作品集を手にしたのが初めてだった。
書店で何気に手に取り、パラパラッとめくって、その「体」が気に入ったこともあるが、表紙をめくったところの作品に心惹かれ、買い求めたものがこれ。

ただいるだけで

あなたがそこに
ただいるだけで
その場の空気が
あかるくなる

あなたがそこに
ただいるだけで
みんなのこころが
やすらぐ

 そんな
 あなたにわたしも
 なりたい


とある。
その「」(うた)に、そして、こういうことを書ける人は「いったいどういう人だろう」とその人物に、惹かれたものだ。
相田みつを美術館」がまだ銀座の数寄屋橋にあったころである。
今は移転して、東京のJR有楽町駅のすぐ目の前、東京国際フォーラムのガラス棟の地下1階にあり、広くゆったりとした空間で作品集を眺め、書を充分楽しめるようになっている。
ぜひ時間を作っては、訪れてみたい場所のひとつ。

このところ「相田みつを」さんの「」を、いささか不真面目なシリーズで取り上げた格好だが、これも「尻s」繋がりと洒落で軽く受け流していただきたい。
相田みつを」さんは「遊び心」の解る、洒落っ気のある人なのだから・・・。

以前に「くらしのなかのあそび」というフレーズが気に入っている、と書いた。
遊び」と言う言葉は、アクセルのあそび、ブレーキのあそび、にも通じ、心のあそび人生のあそびにも通じるものだと気に入っている。

パチンコを打ちながら、パチンコに集中しているときなど、今、自分の顔はどういう顔をしているのかふと思う時がある。
トイレに立って、ふと鏡を見る・・・。たいてい辛気くさい顔である。

いつだったか呑み屋でお姉さんに言われたことがある。
今夜は宍戸開が宍戸錠さんになってますょ〜
頬を膨らませていたらしい。(手術前のジョーさんの話)
呑み屋の人たちは眉毛とか目とかの些細なパーツだけを捕まえて大袈裟に比喩してすぐ芸能人に仕立てあげるを得意とする。その証拠にちょっとした呑み屋にはアユや上戸彩が何人もごろごろと居る。
そのときの膨れ面の事情までは覚えていない。
よく覚えていないが、そのときは難しい顔をしていたのかも知れない。
男だろうが女だろうが、膨れっ面はみっともない
女性はよく鏡に向かって「ニッ」とするらしいが、男はどうしたものか・・・
が、そんなときにはなにかひとつ思い出して、フッと自分に気合を入れたいものだなぁ、といつも思う。

一とは
原点
一とは
じぶん


という「」も「相田みつを」の代表作のひとつである。

で、1月エンドで「相田みつを」さんのシリーズに一応の区切りをつけ・・・、
新たな気持ちで「加瀬具蔵の日誌」を書く。

サゲなしオチなしで、

ごめんね〜!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
宍戸開ですか!妄想が膨らみます(^^)
男女問わず、はまりという名の山を登って
いる最中は、人は蜃気楼になりますね。
男性は鏡に向かって「イイネッ!」を形どった
手をあごにもっていきましょう。古っ。
ぬう子
2006/02/01 07:38
こんにちはw
相田みつをさん・・大好きな方です。
真っ直ぐなんですよね、言葉が。
心からの、命からの言葉って感じがして大好き。
本もたくさん出版されてるからいつかドバーっと大人買いしようと思いつつ・・そう言う買い物は躊躇してしまう私なのです(´▽`)
パチ屋では大金を使っちゃうのにねw

男性は鏡の前で・・うーーーーーん(;´Д`)
相方に聞いてみますw

今月からの加瀬具蔵日誌・・楽しみにしてまーっす(´▽`)
マユ
URL
2006/02/01 13:09
加瀬さ〜ん
せんだみつおのナハナハ美術館・・・
あっ すみませんっ ペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ

相田みつを美術館行ってきましたぁ〜
詳しくは マイブログに書きます
加瀬さんの「おかげさん」ですよ〜(笑)

些細なパーツで芸能人になれるなら・・・
あたしのことは「松島ナナコ」と呼んでください
ナナコ
2006/02/01 21:56
ぬう子さん、鏡に「イイネッ!」ですか・・・
ウゥ〜ン、そのときはもう片方の手は腰かなんかに置くんでしょうかねぇ? ん、でもそれじゃ、お風呂あがりに仁王立ちで牛乳のむスタイルになっちまうか〜。春か夏向きですかねぇ〜((笑))アドバイス有難うございました。
加瀬
2006/02/01 22:22
マユさん、カキコ有難うございました。
加瀬は初め作者名を見ずにその「書」を見たときは、はだかの大将の「山下清」は絵だけじゃなく「書」もやるのかぁなぁ?と一瞬思ったくらいでしたから・・・((笑))
作品を2つ3つ見て、すぐにそれは違うと気づきましたけど・・・
またよろしく。では、では。
加瀬
2006/02/01 22:31
松嶋ナナコさん!
ようこそ、いらっしゃいましたっ!((笑))
有楽町、行かれたんですかぁ?
「書」どうだったですか?ゆったりと歩ける廊下とか、喫茶室とかは?それと光の「演出」は?(なんだかパチンコ用語がどうしても出てくるなぁ・・・(^^♪)ま、ブログ楽しみにしてます。
じゃ、そのときにでも・・・。
では、では。
加瀬
2006/02/01 22:38
自分の部屋にある詩は
まさに
「ただいるだけで」です。
相方が デートの時に買ってくれました。
なだか とってもうれしかったのを思い出しました。
kuma
2006/02/02 00:10
Kumaさん、カキコ有難うございました。
そうですか、お持ちですか。
それは、それは。
相田みつをさんは、人気者ですね。
では、またよろしく。
加瀬
2006/02/02 00:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今夜の調子は・・・その46 相田みつを美術館 加瀬 具蔵の日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる