加瀬 具蔵の日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 今夜の調子は・・・その27一年の総決算

<<   作成日時 : 2005/12/26 23:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一年の総決算、競馬が「有馬記念」なら競輪は「KEIRIN グランプリ」だ。

史上最年少21歳で名人位を獲得した将棋界の谷川浩司の言葉に、
ただ勝つだけのゲームでは寂しい
というのがある。
なかなか言えない言葉だ。

さて、KEIRINグランプリ05
2005年12月30日、平塚競輪場、
12R 16:30発走 2,825m
年に一度だけ「競輪」に参加する。それがこのGIレース。
年の最後の最後に行われる一番ビッグなレースだ。
一億円の、肉体闘争

枠番・選手は、以下の「平塚競輪 KEIRINグランプリ05(GP)」サイトが参考になる。
http://www.shonanbank.com/gp05/report/1.html

加瀬の予想周回の並び、レース展開は、3分線だろう。
CAE H@D BFG
ラインは3つ。
先行C加藤(岐阜)にA小嶋(石川)とE村本(静岡)が続く
先行H武田(茨城)に@神山(栃木)とD後閑(群馬)が続く
先行B伏見(福島)にF佐藤(福島)とG鈴木(千葉)が続く

人々の目はH武田・@神山・D後閑のラインに向くが、加瀬具蔵はB伏見とF佐藤のラインが強いと見る。
G鈴木誠が「世話になった伏見君の3番手」を主張した事でも強力ラインとなりそうだ。
恐らくC加藤は初出場もあってA小嶋を引っ張りに掛かるが、仕方なく中部についたE村本は形式上のラインで、実質は2人ラインで弱い。
H武田も初出場で逃げそうだが、妙な色気を出している事から、まとまったラインとしての思い切った先行策が取れそうもない。神山も後閑も武田頼みでは苦しい。

2車単は、
F−B、F−G、F−A、F−@、F−D、
B−F、B−A、B−@、B−D
の9点勝負!
3連単は、
F−B−@ADG
B−F−@ADG
F−G−@AB
F−A−BG
の13点勝負!

2005年、泣いても笑っても最後のレースを楽しむ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今夜の調子は・・・その27一年の総決算 加瀬 具蔵の日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる